■スポンサードリンク

■ブログ内検索

■プロフィール

Author:ナロンエース

■最近の記事
■カテゴリー
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
MT4の基本設定その2 -自分のチャートの組を作ろう-
現在、初期画面(Default画面)ではEURUSD、USDCHF、GBPUSD、USDJPYが表示されています。
画面下のほうに「Default」と表示されていのが確認できます。
Default表示

自分の監視する通貨にあわせて画面をカスタマイズをします。
ここでは、USDJPY、GBPJPY、EURJPY、EURUSDの通貨の表示に変更します。
まず、プルダウンメニューの[ファイル]から[チャートの組表示]→[名前を付けて保存]を選びます。
名前を付けて保存

自分の分かりやすい名前を付けます。日本語も使えます。
名前をつけて保存

USDJPY以外のチャートを×ボタンで消します。
USDJPY以外消す

画面左上にある新しい組ボタンボタンを押します。

すると各通貨ペアが現れますので、GBPJPY、EURJPY、EURUSDを選んでそれぞれ表示させます。
新しい通貨ペア追加

GBPJPY、EURJPY、EURUSDのチャートが追加されました。
通貨ペア追加

プルダウンメニューの[ウィンドウ]から「水平分割」もしくは「垂直分割」選びます。
水平・垂直分割

USDJPY、GBPJPY、EURJPY、EURUSDの4つの通貨が表示されました。
4つの通貨ペア表示
USDJPYにCCIというインジケーターが表示されています。
これを削除します。

プルダウンメニューの[チャート]から「表示中の罫線分析ツール」を選びます。
表示中の罫線分析ツール1

もしくは、USDJPYのチャート上を、マウスで右クリックしてしても選べます。
表示中の罫線分析ツール2

「表示中の罫線分析ツール」という画面が出てきますので、「Commodity Channel Index」(CCI)を選んで「削除」ボタンを押して閉じます。
CCI削除

USDJPYのチャートからCCIのインジケーターが消えました。
バーチャート

よく見るとUSDJPY以外の3つのチャートがローソク足ではないようです。
それぞれのチャートをアクティブにして、
画面上のほうにある虫メガネ虫メガネツールの+ボタンか、
キーボードの[Ctrl]+[+]を数回押してチャートを拡大してみます。

バーチャート確認
これはバーチャートといって、欧米でよく使われているものです。
好みの問題ですが、ローソク足に統一して表示させます。
画面上のほうにあるチャート変更ボタンボタンで切り替えができます。
ローソク足は真ん中のボタンです。

ついでに時間足の変更の仕方は、すぐ下にあるボタンで切り替え可能です。
時間変更ボタン

M1=1分足
M5=5分足
M15=15分足
M30=30分足
H1=1時間足
H4=4時間足
D1=日足
W1=週足
MN=月足

4通貨とも30分のローソク足に変更しました。
4つの通貨ペア表示

それではここまでの操作を動画で見てみます。



MT4の導入・基本設定 | 21:15:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。