■スポンサードリンク

■ブログ内検索

■プロフィール

Author:ナロンエース

■最近の記事
■カテゴリー
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
MACD_Histogram.mq4
MACD_Histogram.mq4

チャート画面に引いた線とMACDに引いた線に注目してください。
ダイバージェンス見本1

プライスは切り下がっているのに、MACDのラインは切り上がっています。


こちらはプライスは切り上がっているのに、MACDのラインは切り下がっています。
ダイバージェンス見本2

このようにプライスとインディケーターの表示が逆行する現象を“ダイバージェンス”といいます。

ダイバージェンスが発生すると、トレンド転換が起こる可能性が高いとされています。

ただし、テクニカルなのでダマシもあります。
以下の画像はダイバージェンスが発生しているのにもかかわらず、
トレンド転換せずにさらにプライスが上昇しています。
ダイバージェンスのダマシ

このように絶対視はせずに、あくまでもその可能性が高いという程度にとどめておいてください。
ダイバージェンスのみを根拠にエントリーなどはしないことをお勧めします。

さて、このダイバージェンスですが、普段意識していないと見過ごしてしまうことも多々あります。
そこでダイバージェンスが発生すると、それを表示してくれるインディケーターが、
このMACD_Histogram.mq4です。
MACD_Histogram

プライス画面とMACDの画面にラインが表示されます。

普段MACDを表示されている方は、どうせならこちらのインディケーターにしてみては
いかがでしょうか。

チャート画面上のラインが鬱陶しいという方は、パラメーターの
drawPriceTrendLinesをtrueからfalseに変更してください。
MACD_Histogramパラメーター

これでチャート画面上のラインは消えます。
ライン消えた


MACD_Histogram.mq4はこちらからダウンロードできます。
MT4でFX [インディケーター検索M]

今回はMACDを使ってダイバージェンスの説明をしましたが、
オシレーター系の指標(ストキャスティクスやRSIなど)なら
どれでもダイバージェンスは発生します。

インジケーター | 17:17:10 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。